Japanese 日本語

迫害 (#2)

 第一ペテロ 4:12-19を読みましょう。 

[12] 愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさかる火の試練を、何か思いがけないことが起こったかのように驚き怪しむことなく、[13] むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい。それは、キリストの栄光が現われるときにも、喜びおどる者となるためです。[14] もしキリストの名のために非難を受けるなら、あなたがたは幸いです。なぜなら、栄光の御霊、すなわち神の御霊が、あなたがたの上にとどまってくださるからです。[15] あなたがたのうちのだれも、人殺し、盗人、悪を行なう者、みだりに他人に干渉する者として苦しみを受けるようなことがあってはなりません。[16] しかし、キリスト者として苦しみを受けるのなら、恥じることはありません。かえって、この名のゆえに神をあがめなさい。[17] なぜなら、さばきが神の家から始まる時が来ているからです。さばきが、まず私たちから始まるのだとしたら、神の福音に従わない人たちの終わりは、どうなることでしょう。[18] 義人がかろうじて救われるのだとしたら、神を敬わない者や罪人たちは、いったいどうなるのでしょう。[19] ですから、神のみこころに従ってなお苦しみに会っている人々は、善を行なうにあたって、真実であられる創造者に自分のたましいをお任せしなさい。
 
私たちの伝道に対する動機が、私たちの他の人に対する愛やその人たちの幸福を望む気持ちに根ざしているということを考えると、反対や迫害にさえ直面するときに驚くかもしれません。しかし、キリストのように地上で生きただれよりも親切で、愛にあふれた人でも、嫌われました。なので、私たちもイエスに付き従うものとして、同じように迫害に遭うでしょう。ヨハネの福音書15:18

[18]「もし世があなたがたを憎むなら、世はあなたがたよりもわたし [イエス] を先に憎んだことを知っておきなさい。」

迫害されることを予期しておきましょう。 
 
第一ペテロ 4:16 「クリスチャン」という言葉は「小さなキリスト」を意味しています。クリスチャンであることやクリスチャンとして生きていることによって迫害に遭うどんなときも、あなたはキリストのような者として認識されることによって神様に栄光を返すことができます。 
 
第一ペテロ 4:13 私たちは苦しいときに大いに喜ぶことができます。なぜなら、近い将来にキリストが戻って来られるときに喜び、楽しむことができるからです。そのときすべての間違ったことは正され、キリストの栄光がすべての人にはっきりと明らかになります。 
  
第一ペテロ 4:14 あなたがクリスチャンとして侮辱されるとき、あなたは苦しむことが痛みをともなうとしても、祝福されています。神の霊が私たちとともにあります。 
 
第一ペテロ 4:19 あなたの創造者が良い方であり、主権者であられるということを覚えましょう。神の親切さ、強大さをあたかもすべての試練や困難の中でもあなたをしっかり抱きしめている腕のようにより頼みましょう。あなたを迫害する人たちも含め、すべての人に引き続き良いことを行っていきましょう。